TOP > 会社紹介

会社紹介

伝統と高分子化学の新技術で躍進するフコク

ワイパーブレードラバー
ワイパーブレードラバー

シール製品
シール製品

防振製品
防振製品

超音波モータ
超音波モータ
ワイパーブレードラバーシェア100%! 高分子化学を中心に、その他の製品分野でも高いシェア。
長年に亘る信頼の技術により、「ワイパーブレードラバー」は年間生産数およそ2億。日本国内純正品(OEM)では圧倒的なシェアを獲得、世界OEMシェアでも約40%。質・量ともに世界NO.1の実績を誇っています。
「シール製品」は自動車のブレーキ系や燃料系、吸・排気系等に使われ、高いシェアを占めており、さらに空圧機器、産業機器といった産業向けにも展開しています。
「防振製品」はゴムと金属を接着するなどの複合化技術を用い、自動車の振動・騒音を低減する製品を展開し、自動車、鉄道、建設機械といった幅広い産業に貢献。
また、「超音波モータ」といった他の分野にも取り組んでおり、そのニーズは拡大し続けています。
ベンチャー企業からの着実な歩み
ベンチャー企業からの着実な歩み
ベンチャー企業からの着実な歩み
ベンチャー企業からの着実な歩み 50年代に「ゴム表面処理の摩擦低減」の技術開発に成功!

1953年、創業者・河本栄一が、単身立ち上げた富国ゴム工業がフコクの始まりです。自動車メーカーへの営業をきっかけに、1956年には早くも「ワイパーブレードラバーのゴム表面処理の摩擦抵抗」の技術開発に成功。モータリゼーションの波に乗り、会社を大きく成長させ世界へ踏み出す一歩としました。半世紀以上経った現在もシンボルマークの「Φ」が表す「黄金率」がモットー。フコクは「品質、納期、コスト」、「営業、技術、製造」の体制をバランスよく整え、常に未来へ歩み続けています。
東証一部上場東証一部上場

本社・上尾工場本社・上尾工場
東証一部に駆け上り、グローバル展開 アジア、北米に海外現地法人を設立

「信頼」の獲得を一途に願うフコクは、「Yes,We Do!」をコーポレートスローガン(現在は「創業の精神」として位置付け)に、 厳しい条件下でノウハウと技術を培い、歴史を重ねてきました。2004年3月に東京証券取引所第二部に株式を上場、2005年3月には1年間で東証第一部への指定替えを受け、 新しい時代への体制作りを整備。国内では本社を核とし、国内4つの工場とグループ企業での展開、海外ではアジア、北米へ海外現地法人を設立し、営業所の設置により「世界同一品質」を目標に、「標準化」「共通化」を行い、グローバルに展開しています。

アジア、北米に海外現地法人を設立

All copyrights(C)Fukoku Co.,Ltd.
韓国フコク タイフコク タイフコクパナプラスファウンドリー サイアムフコク フコク東海ゴムインドネシア トリムラバー 上海フコク フコク(上海)貿易上海事務所 フコク(上海)貿易北京事務所 東莞フコク 青島フコク フコクアメリカ フコクインディア フコクベトナム フコクチェコ フコクメキシコ