TOP > 製品情報 > 超音波モータ

製品紹介


「超音波モータ」~未来をひらくフコク新技術の極み


”静かに力強く動かす” ための画期的な動力

超音波モータ
超音波モータ
一眼レフカメラのオートフォーカスの駆動にも採用されている
一眼レフカメラのオートフォーカス
の駆動にも採用されている
「超音波モータ」は、従来モータの駆動原理の電磁気作用を使わない、全く新しい動作原理に基づくモータです。低速・高トルク・高応答性などの特徴に加え、音が静かで磁気を発生しない「非磁性対応」がその最大の利点。一眼レフカメラのオートフォーカスや高級車のヘッドレストの駆動、半導体関連装置のステージ駆動など幅広く利用され、今後も市場拡大の可能性を大きく秘めた注目の製品です。
 

あらゆる業界から注目の的! 超音波モータ製品

真空用モータ真空用モータ

リングタイプモータリングタイプモータ
情報・通信機器の発展により、電磁モータでは困難な特性が求められるシーンが増加、お客様の高い要求に応えたいと、フコクは超音波モータの回路設計から圧電セラミックス、モータの製造まで一貫して社内で実施。内外より高い信頼と評価を受けています。製品ラインナップはエンコーダ付モータ・真空用モータ・中空タイプモータ・非磁性タイプモータ・Φ12モータ・リングタイプモータなど。お取引先のニーズに応え、多彩なカスタム対応をしています。
Φ12モータ
Φ12モータ
中空タイプモータ
中空タイプモータ

ミクロの世界の職人技 超音波モータ製造技術

モータの原理 モータの原理
超音波モータの原理は、圧電セラミックスを接着した金属弾性体に、超音波領域の電圧を加えることによって、進行波をおこし、その力を取り出すというもの。進行波の大きさは、約2-3ミクロン。人の髪の毛一本の太さは約100ミクロンですから、その製造には、機械的にも高精度な加工技術や製造技術が求められます。超音波モータの開発や設計は、高度機械設計を中心に加工技術、材料技術や、電子技術、フコク独自の技術が結集して行われます。
製品イメージ
All copyrights(C)Fukoku Co.,Ltd.